借地権の買取りについて

家を建てる戦前までは、土地を所有する人は少なく、多くの人は借地に家を建てて生活をしていました。そのため土地の返却に関しては、土地所有者とトラブルになることが多かったといいます。そうした状況を踏まえ、平成4年には新しい借地権に関する法律が施行されました。

新借地法では、旧借地法に比べてですが、土地所有者の権利が大幅に認められています。土地の用途にもよりますが、借用期間は短くなり、さらに返却時の条件についても更地にするなどの条件が加えられました。

しかし借地権は、借用期間中であれば借り手が売ることも可能です。土地を借りたものの、引越しや事業の転換などがあれば、借地権の売却を検討するのもよいでしょう。この場合、買取りの相手としてまず交渉すべきは、土地所有者であることが大半です。

ただ、借地権のついた土地は底地と呼ばれますが、この売却にはさまざまな条件がついてきます。先に述べた土地所有者との交渉が難航すれば、売買はスムーズにはいかなくなります。また、土地の価格に関しても、底地の相場はないも同然といわれているのが現実なのです

ではどのようにしたら、借地権をスムーズに売却することができるのでしょうか。借地権を買取りしてもらうには、どのような交渉を、誰とするべきなのでしょうか。借地権をお持ちの方で、今後売却の予定がある方には気がかりな点でしょう。

このサイトでは、借地権の売買について詳しくご説明しています。借地権とは何か、平成4年に施行された新しい法律での定義をまとめました。また、底地を専門に扱う業者についても述べています。お気がかりの方はどうぞご覧になってください。